注文住宅の相場と設計について知っておくべきこと


全国的な平均は地価が影響している

注文住宅を建てるにあたり、ある程度予算の範囲内で設計から施工まで行ってもらう必要があります。そのため、家を建ててもらう業者を選ぶ前に、予算を確認してから選びましょう。

平均的な相場としては、土地と家を建てる分の料金となるため、ある程度地域の地価が関係していることを知ってください。土地と家屋を合計した金額としては全国平均で3200万円前後といわれています。なお、都市圏は比較的高額で、地方に行くほど安くなっていくことが多いです。東海よりも近畿のほうが100万円前後安く、全国平均とほぼ変わりません。地方の場合には2900万円台で建てられるところもあるといわれています。地元の土地の地価を確認して、納得出来る土地を購入して建ててください。

設計は信頼できるところで依頼する

設計に対して何を求めているのかを考えることが、予算に見合った注文住宅を完成させるポイントといわれています。生涯住み続けられる家を作るポイントとしては、設計時に納得できるまで設計士と話し合うことです。設計する時に必要なポイントとしては、顧客のニーズに合致している家を作るかどうかでしょう。

予算の都合上必ずしもニーズにこたえられるとは限りません。しかし、予算の範囲内で納得出来る家を建てるための設計を行えるように、前もって確認しておくことが重要です。家を建てるに当たり、納得出来る住まいの設計図を確認し、家族で話し合ってください。納得できるまで話し合ってから完成させることが、家造りに必要といわれています。

2000万の家」で建設する場合は、平均で面積が115平方メートルになることが一般的で、たとえローコストでも住む地域や設計次第で自分の好きな家が建てられます。