単身世帯の賃貸選び!憧れの生活を手に入れよう


一人暮らしの物件はどうやって選べばいいの?

物件を選ぶときは、通勤・通学の交通手段、間取り、賃料の三点に注意すると後悔は少ないでしょう。特に賃料は、契約後ずっと支払っていかなくてはなりません。選び方がわからない際は、自分自身が今後支払っていける賃料の物件から探すと選びやすくなります。間取りと賃料の関係は、地域によって違いがあります。同じ間取りでも、都会と地方では都会の方が賃料は高くなりがちです。お住まいの地域ではどのような間取りでどのくらいの賃料になるのか、ネットを使って調べてみてください。また、交通の便が不便なところは賃料を低く設定する場合もあります。地域の相場よりも賃料が低いところは、最寄駅、バス停の場所も調べてみることがおすすめです。

一人で暮らさず、数人で暮らすという手段もあり

現在はシェアハウスとして建てられた賃貸物件も数多くあります。シェアハウスの利点は、初期費用が大幅に抑えられることです。一般的に賃貸契約の際には、初月の賃料の他に敷金や礼金を支払います。加えて家具や家電を買い揃えなくてはならず、初期費用がかさみます。シェアハウスでは敷金や礼金が一切不要な物件や、家具・家電付きで光熱費も賃料に含まれている物件もあります。気軽に環境を変えたいという方にはぴったりかもしれませんね。地方にはシェアハウス専用の物件は、なかなか見つけられないかもしれません。その際には一戸建てを複数人数で借りるという手段もあります。ただ、賃料や電気代などは一緒に住むメンバーで負担しなくてはなりません。皆が気持ちよく暮らせるようにルールは決めておいたほうが良さそうです。

自分自身にピッタリなライフスタイルを

新しい生活は慣れないこともありますが、楽しみもたくさんあります。自分にあった賃貸を選び、新生活を楽しんでください。

一人暮らしをするための間取りといえば、ワンルームから1DKあたりが基本。札幌駅や大通からほど近い札幌中央区の賃貸では、築10年前後の1DKを5万円台で探すことができます。