間取りは誰が決める?主婦の意見を優先するメリットとは


主婦が快適に住める家を作ろう

注文住宅の間取りを考えるときには主婦の意見を積極的に取り入れるのが肝心です。家を建てたときに誰が一番家の中にいる時間が長いのかと考えると主婦だというケースが多いでしょう。家事の担い手として炊事、洗濯、掃除といった家を快適に保つための重要な仕事をしているのが主婦の特徴です。その負担をできるだけ軽くするように間取りを考えると、主婦が快適に住めるようになります。人によって家事をするときの流れややり方には違いがあるので、それに応じて適切な間取りにするのが大切です。キッチンやトイレ、洗面所やお風呂場などがどのように配置されていたら楽に家事ができるかを確認して間取りに反映させてみましょう。

水回りは集約させるようにしよう

主婦に意見を聞くと最終的には水回りが一ヶ所に集約されることが多いでしょう。実は水回りが互いに離れた位置にあると水道を通すのが難しくなることに加え、費用も余計にかかってしまいがちです。配管を増やし、分岐を多くするほど水漏れなどのリスクも高くなってしまいます。将来的にメンテナンスが必要になることも考慮すると、水回りはできる限り近くに配置するのが賢明です。もし主婦の人がキッチンとトイレは遠い方が良いという意見を出したとしても、よほどことがなければ近くに配置するのが無難です。このように注文住宅の費用を抑えるための工夫も必要になる場合が多いので、主婦の意見は全て取り入れるのではなく重視するという方針に留めておくと良いでしょう。

福岡の注文住宅と都内の注文住宅で比較検討した場合、上物はそれほど価格に差は生まれません。ただ、土地単価が大きく異なるため、福岡は安く注文住宅が建てられます。