住宅ローンを利用する時のポイントについて


信用情報で実績を作っておく

注文住宅を購入する時には、一括払いだとまとまった額を一度に支払う事になりなかなか支払う事ができない人も多いです。しかし、住宅ローンを選択すると分割払いになるので収入が低い人でも十分支払う事が可能ですよね。ただ、住宅ローンを利用する場合は、審査があるので審査基準をクリアしなければいけないです。そこで、審査項目の中で重要になるのが信用情報です。信用情報には、今までのクレジットカードやローンなどの履歴が記載されており、これを参考にしている金融機関が多いでしょう。

そこで、信用情報で良い実績を作ります。例えばクレジットカードやカードローンを利用して延滞なく返済していると、この人は支払い期限を守って支払ってくれると評価されることになり審査に通りやすいです。

保証人を誰にするのか慎重に決める

住宅ローンを利用する時には、保証人が必要になる事がありこの保証人が審査に大きく影響してくる事があります。もし、契約者が何らかの理由でローンの支払いが出来なくなった時に保証人が代わりに支払う事になるので、金融機関側も支払い能力がある保証人を求めています。つまり、収入が高く信用情報に問題がない人が一番適任です。さらに、長年同じ会社で勤務している人は、長期的に安定した収入を得ているという事で金融機関からの評価が高くなる事があります。

もし、収入が低い人や今勤務している職場の勤続年数が短い人を保証人にすると、保証人の影響で審査に通らないこともあるでしょう。いくら自分が審査基準をクリアしていても、安心できないので保証人を誰にするのか適当に考えないようにします。

愛知の注文住宅とは、愛知県内で注文住宅を建てることを言います。愛知県内にある注文住宅メーカーを探す際に使う言葉です。